スワップ派は高金利通貨を買えば、利益を得られるのか?

FXでスワップポイントを享受しようと思ったら、
低金利通貨で、高金利通貨を買うのが普通だし、
間違いではありません。

 

疑問をもつ会社員

しかし、
高金利な通貨は、その分リスクが高い通貨である
という認識が必要です。

 

高金利通貨の注意点がいくつかあります。
リスク回避の為に、トレード時は注意しましょう!

 

為替レートの動きに注意

為替相場が、上昇傾向にあれば、
為替損益は、プラスになり、スワップポイントの享受も合わせて利益をだせます。

しかし、相場が大きな流れで見た時に下がっている場合、
為替損益の方が大きな幅になると、スワップポイントをもらっても、
結果マイナスということにもなりかねません。

 

例えば、高金利通貨のトルコリラですが、
2009年から相場は徐々に下落しています。

トルコリラ/円チャート

2016年現在、金利が7.0%と非常に高いので、
トルコリラ/円の通貨ペアなら、
為替損益のマイナスを考慮しても、
スワップポイントでプラスにはなります。

 

大幅に下落した場合などは、きっちり計算しないと、
損失が出ることもありますので注意しましょう。

 

為替レートの変動が激しくなることがある

政策金利を高く設定している国は、新興国などが多いです。
新興国は、国の発展の為に資金を増やしたいという考えがあります。

 

そのために、
金利を高くしておけば、自国の通貨が買われ、資金が集まる
という流れを作っています。

 

ただし、政治情勢や、経済は安定していないので、為替の変動も安定しません。
ある日突然、暴落ということもあり得ます。

驚く会社員

 

例えばトルコのトルコリラは、7.0%の高金利ですが、
イスラム国のテロ行為や、クーデターが起こったりと、なかなか不安要素が多い国です。

 

地政学的なリスクも高い場所にありますしね。

 

ですので、
スワップポイントで利益が出ても、為替損益で大きな損失を出すことがある
ので注意です。

 

政策金利が突然さがる場合がある

新興国の場合、経済の状況に関係なく、
政治情勢により、金利が下げられてしまうことがあります。

 

チェックポイント!

金利が下がってしまってはスワップポイントは受けられないどころか、
下がりすぎると、逆に支払わなくてはいけない場合もあります。

 

取り扱っている通貨の国の情勢はよく見ておく必要があります。

 

 

arrowトップページに戻る