高金利通貨ペアごとにスペックを調査!!

スワップ狙いの取引なら、より多くのスワップポイントをもらいたいと思うのは当然のこと!

 

スワップポイントが多くもらえて、人気のある通貨ペアは、
「豪ドル/円」、「NZドル/円」、「南アランド/円」、「トルコリラ/円」
の4種ですね。

 

それぞれの通貨ペアごとに、どこのFX会社が多くスワップポイントがあるか調べました。
スワップポイントは日々変化しますが、このデータは2016年8月のデータになります。

 

そして、スワップポイントが高くても、取引コストが高ければ、
利益にマイナスが出ますので、各社のスプレッドと取引通貨単位も掲載しました。

豪ドル/円

FX会社名

スワップポイント

スプレッド

取引通貨単位

YJFX!

51

0.8銭

1千通貨

ヒロセ通商

50

0.8銭

1千通貨

JFX

50

0.8銭

1千通貨

GMOクリック証券

49

0.7銭

1万通貨

インヴァスト証券

48

0.6銭

1千通貨

マネーパートナーズ

45

0.9銭

100通貨

外為オンライン

45

3.0銭

1千通貨

SBI FXトレード

44

0.77銭

1通貨

DMM.com証券

34

0.7銭

1万通貨

外為どっとコム

33

0.7銭

1千通貨

オーストラリア国旗

豪ドルは、リーマンショク前までは、金利が7%ほどあったのですが、
現在では、2%を切ってしまいました。

 

それでも、日本円の0.1%と比較すると高い水準です。

 

豪ドルを簡単に評価すると、「安定した相場変動で、まあまあの金利差益が得られる通貨」
ということでしょうか。

 

上の表の項目だけで、判断するなら、
YJFX!、ヒロセ通商、JFXでしょう。

 

取引コストをできるだけ抑えるなら、1通貨単位のSBI FXトレードでしょう。

 

NZドル/円

FX会社名

スワップポイント

スプレッド

取引通貨単位

ヒロセ通商

60

1.3銭

1千通貨

JFX

60

1.3銭

1千通貨

YJFX!

58

1.8銭

1千通貨

インヴァスト証券

58

1.8銭

1千通貨

GMOクリック証券

51

1.4銭

1万通貨

SBI FXトレード

51

1.4銭

1通貨

DMM.com証券

49

1.4銭

1万通貨

外為どっとコム

46

1.4銭

1千通貨

マネーパートナーズ

41

1.8銭

100通貨

外為オンライン

35

6.0銭

1千通貨

ニュージーランド国旗

NZドルも豪ドルと同じで、2008年後半以前は、8%の高金利でしたが、
2009年前半までで2.5%までに下がってしまい、いまでは2%です。

 

値動きは、オーストラリア経済の影響を受けますので、豪ドルとよく似ています。
豪ドルよりも、流通量が少ないので、時々大きな動きになる場合もありますが、
新興国の通貨などよりは安定しています。

 

上の表の項目だけで、判断するなら、
ヒロセ通商かJFXでしょう。

 

SBI FXトレードはNZドルでも、安定したスワップポイントとスプレッドですね。

 

南アランド/円

FX会社名

スワップポイント

スプレッド

取引通貨単位

ヒロセ通商

15

1.3銭

1千通貨

DMM.com証券

15

1.4銭

1万通貨

JFX

15

1.3銭

1千通貨

YJFX!

14

1.4銭

1千通貨

SBI FXトレード

14

0.99銭(10万通貨まで)

1通貨

インヴァスト証券

14

1.8銭

1千通貨

GMOクリック証券

12

1.4銭

10万通貨

マネーパートナーズ

10

1.9銭

100通貨

外為オンライン

8

15.0銭

1万通貨

外為どっとコム

7

1.4銭

1千通貨

南アランドは、リーマンショックの影響は受けたものの、いまだに7.0%の高金利を維持しています。

南アフリカ共和国国旗

南アランド/円の為替相場は、2008年以降、上下を繰り返しながら下落しています。

 

「買い」のスワップポイントがプラスですので、為替は上昇してくれた方が確実に利益は出るのですが、下落している場合、スワップポイントは得られるが、為替差益で損失を出してしまうことになります

 

ですので、スワップポイントによる利益が、為替差益の損失よりも上回る様に計算しながらの取引となります。

 

上の表だと、スワップポイントが小さい値ですが、
通貨の価値が低いので、取引量を上げて取引することになります。
豪ドルなどと比較すると、一桁多い通貨単位で取引するイメージですね。

 

FX会社によっては、南アランドは最低取引通貨単位をあげている会社もあります。
上の表だとGMOクリック証券と外為オンラインですね。赤字にしています。

 

南アランド/円を取引するなら、スプレッドが狭いSBI FXトレードがオススメですね!

 

トルコリラ/円

FX会社名

スワップポイント

スプレッド

取引通貨単位

ヒロセ通商

115

4.9銭

1千通貨

インヴァスト証券

90

5.5銭

1千通貨

楽天証券

90

6.8銭

1千通貨

外為どっとコム

86

7.0銭

1千通貨

セントラル短資FX

84

8.0〜18.0銭

1千通貨

FXトレードフィナンシャル

80

15.0〜50.0銭

1万通貨

トルコリラはまだまだ扱っているFX業者が少ないです。
上の表でも10社挙げられませんでした。

トルコ国旗

 

トルコリラは、今現在7.5%の高金利通貨です。
長いスパンで見ると、南アランド/円と同じく、少しずつ下落していますが、
各社高いスワップポイントですので、大幅な下落を回避できれば、利益を出すことができます。

 

しかしトルコは、政情が不安定で、2016年もクーデター未遂が起こったりしました

 

また、地政学的リスクが高い位置に国があります。
現在でいうと、テロの襲撃などを受けやすい位置にあることですね。

 

これらの影響は、為替相場へも影響し、
ポジションを持っている時は、急な判断を迫られる場合がありますので、
初心者のうちは、勉強だけしておきましょう。

 

FX会社を選ぶなら、圧倒的にヒロセ通商が良いですね。
情報提供が豊富な外為どっとコムも、主要通貨を取引しつつ、
トルコリラも、というのが良さそうです。

 

まとめ

高金利通貨を4種見てきましたが、平均して高い水準が、
ヒロセ通商でしたね。
あと、低取引コストが売りのSBI FXトレードもトルコリラの扱いはないですが、
その他3種の通貨ペアなら、スワップポイント、スプレッドが
初心者でも手を出せそうな数値ですね!

 

このページのスペックだけが、判断材料ではありませんが、
FX会社選びの参考にしてみてください。

 

 

arrowトップページに戻る