外貨預金とFX、どっちが稼げるの?

海外の通貨や金利を利用して利益を上げる方法は、
FXのスワップ運用のほかにも外貨預金がありますが
どちらのほうが効率的、かつ安定的に利益を上げることができるのでしょうか。

 

管理人がどちらも運用してみた結果感じたのは、FXの方が得だということでした。

 

簡潔にいうと、FXの方が稼げるチャンスが多い商品だからです。

 

外貨預金は取引相手が銀行となるため、銀行の営業時間内でしか取引もできないし、
取引の為替レートも銀行が1日に1回発表した額となるので良くも悪くも変動しません

 

また、これは銀行にもよりますが、預入期間が決まっていて、
半年以上預けないとお金の換金が出来ないなど不便なところがあります。

 

何をするにしても銀行まかせになってしまうので、
決して自由度の高い投資とはいえません

 

それに対してFXは取引相手はFX業者で多数あります。
取引の時間も、
月曜の早朝に市場がオープンしてから土曜の早朝にクローズするまで24時間取引ができます。

 

為替レートも変動し続けるので自分の裁量で売り買いの判断ができますし、
預入をしたお金を数秒で決済してしまうこともできます。

 

比べてみると、FXがいかに自由度の高い投資方法だかわかったと思います。

 

自由度が高い=稼げるチャンスが多い

 

ということだと思って下さい。

 

自分で判断して取引を行うことに自信のない人なら
信頼できる銀行で外貨預金でもいいかもしれませんが、
稼ぎたい!という意思で投資を検討している人にはFXをおすすめしたいと思います。

 

 

arrowトップページに戻る