FXと株ってどういう関係性があるのだろう?

「為替相場は株価の影響を受け、株価は為替相場の影響を受けます。」

 

普段あまり株やFXをやってない人だったら、
こう考えると思います。

「株価が上がる」⇒「日本経済が評価されている」⇒「円が買われる」⇒「円高になる」

 

理屈としては、その通りですし、
日本以外の国の通貨では、この流れが実際見られます。

 

しかし!
現在の日本、特に米ドル/円相場は、この真逆の流れになっていますね。

日米関係

 

つまり
「日経平均株価が上がる」と「円安になる」
「日経平均株価が下がる」と「円高になる」

 

この影響の流れる方向は、
「株価」から「為替」
「為替」から「株価」
双方向に流れはあるんですが、
時間的には、ほぼ同時に起こっています。

 

この特殊な関係性はなぜ起こるのでしょうか?

 

日本株を買うのは海外投資家が多いから!

日本の株は、海外投資家に多く買われています。
もちろん、ヨーロッパの国々の株だって、アメリカ人などの海外投資家に買われています。

海外投資家

 

でも、日本人は、外国人と比較すると株式投資の意識が低いため、
日本株を買う層に、海外勢が占める割合が多くなり、
その影響を受けます。
しかも、この海外勢は、主にプロで、
ディーラーや金融機関の方が多く、大きな額を動かします。
その為、株式投資も、FXのように信用取引として
レバレッジをかけて行います。

 

でもなぜ、海外投資家が日本株を買うと、円安になるのでしょうか?
上でも書きましたが、
「株が買われ、日本経済が評価され、円の価値が上がり、円が買われ、円高に動く」
と思いますが、そうはなりません。

 

それは、
海外投資家は日本には住んでいないため、
日本株を買う時に、円が必要になるからです。
1万円

 

海外投資家が株を買う前に、
まず円を買うことから、
この特殊な関係性が始まります。

 

海外投資家の日本株購入方法

円を買うのだから、それで円高になるのかと思いきや、
そうではありません。
海外投資家は、リスクヘッジの為に、
円の売りも同時に行う、両建てを行います。

新聞をみる男性

 

万が一、買った日本株の株価が下がり、
尚且つ、円安になったとすると、
株価と為替の損が同時にやってきてしまうからです。

 

つまり、この時点では、円は売買が両方行われていますので、
プラスマイナスゼロってことで、為替相場に影響はありません。

 

影響が出るのは、次からです。

日本株の株価が下落した時

日本株が下落したとします。
そうすると、海外投資家たちはレバレッジを掛けていますので、
証拠金を追加する為に、さらに円を買うのです。
これによって、為替相場は円高に推移します。

 

日本株の株価が上昇した時

株価が上昇した場合、
証拠金に余裕ができますので、
金利の低い円の一部を売って、その他に運用します。
これで為替相場は円安に推移します。

 

以上が、日本株を売買する海外投資家が、
株価と為替相場に与える影響の仕組みです。

 

 

為替の変動が株価に与える影響も大きい

円高が進んだとしましょう。
そうすると、輸出企業は、
海外での販売量が減ってしまい、売上が下がります。
売り上げが下がると、企業評価は下がり、
株は売られてしまい、株価が下落します。

港

 

円安の場合はその逆が起こりますね。
海外での販売量が増え、売上が上がり、
企業評価が上がり、株が買われ、株価が上昇します。

 

日本は自動車や電機メーカーなど輸出企業が多く、
それらの企業が、日本経済を支えています。
トヨタなどは、1円の変動で、
何百億という額が利益に影響すると言われています。

 

日本には資源が少なく、
輸出を主に行う製造業に経済を支えられているんだなと、
改めて思いますね。

 

この事もまた、日本の株価と為替相場の関係性に影響しています。

 

FXと株の相関関係のまとめ

「株安円高」
「株高円安」
ここ数年はこの流れが鉄板となっています。

為替チャート

 

ただし絶対ではありません。

 

  • アメリカが世界経済の中心であり、
  • 日本が資源がなく、輸出中心の経済で成り立っていて、
  • 外国人に比べて、投資しない。

 

ここに何らかの変化が生まれれば、
「株安円高」
「株高円安」
は成り立たないでしょう。

 

「株安円高」「株高円安」をFX取引にどう活かす?

さて、この相関関係が分かったところで、
FX取引に活かせなければ意味がありません。

 

狙い目は、、、
急激に株が下がり、円高に進んだ後です。

狙いを定めたカメラマン

 

得てして、為替相場は円安に大きく振れ戻します。

 

これは、なぜかと言うと、株価の下落はいつまでも続きはせず、
どこかタイミングで下げ止まります。
その時、海外投資家は、一時的に買い増しした証拠金を売りに出します。
これによって、円安に推移するのです。

 

まあ、これも絶対とは言えませんが、
為替相場って、上がったり下がったり繰り返しますから、
ずっと下がりっぱなしってこともないのです。

 

スワップ派の方も、この流れは知っておくべきで、
世界経済の流れや、マクロ的視点で、
ファンダメンタルズをきちんとやっていれば、
FXと株の相関関係も紐解けるでしょう!

 

 

arrowトップページに戻る